Material information
【タイトル】
橋川文三著作集 7
【著者名等】
神島二郎/〔ほか〕編  ≪再検索≫
【出版】
筑摩書房 1986.2
【大きさ等】
20cm 385p
【NDC分類】
081.6
【件名】
政治思想−日本−歴史−明治以後  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0190217357
【要旨】
自らの精神史の究明を通じて近代日本の意味を問い続けた思想家の精髄を集成! 近代日本と中国の関係を福沢諭吉,伊藤博文,岡倉天心,北一輝らの思想と行動を通じて探り、日本人にとってアジアとはなにかを問う諸篇。
【目次】
福沢諭吉の中国文明論;福沢諭吉と岡倉天心;伊藤博文と中国;中島真雄のこと;北一輝と宋教仁;田中義一と幣原喜重郎;田中上奏文の周辺;佐々木到一という軍人;石射猪太郎の対中国理念;東亜共同体論の中国理念;尾崎秀実と中国;30年代知識人論序説;談話と独語;郭沫若の印象;愛親覚羅溥儀著『わが半生』について;今井武夫著『支那事変の回想』について;麻雀問答;日中問題とは何かということ;曖昧な感想;『中国』百号と私;妖魔と正人と;竹内さんの『魯迅』;竹内好中文の思い出
【内容】
内容:近代日本と中国
【ISBN】
4-480-75207-2

Holding information 2records
1record-2record
0101029372
中央
081.6 /51 

書架
書庫(調査中央)

0011123164
戸塚
210 /ハ 

書架
書庫

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP