Material information
【タイトル】
大正文化 1905−1927
【著者名等】
南博,社会心理研究所/著  ≪再検索≫
【出版】
勁草書房 1987.5
【大きさ等】
22cm 410,44p
【NDC分類】
302.1
【件名】
日本−文化−歴史−大正時代  ≪再検索≫
【件名】
社会心理学  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0190275138
【注記】
新装版
【要旨】
明治と昭和の谷間の短い時代―大正期は、文化主義、教養主義、モダニズムと、大衆文化の花が一斉に開いた時代で、今日の大衆社会状況のルーツを窺うことができる。歴史心理学が解き明かす近代史の屈折点。
【目次】
1 明治から大正へ(日本資本主義の開花;文明から文化へ);2 世界のなかの日本文化(帝国主義列強への仲間入り;西欧文化の受容過程;エリートにあらわれた民衆のイメージ;文化産業の成立);3 運命と頽廃(不況と好況のあいだ;新しい社会意識;マスコミの芽生え;文化生活者の意識);4 マス文化の成立(不況の慢性化;反体制の文化;教養主義とアカデミズム;マス文化と生活意識);付論 社会心理史の対象と方法
【内容】
巻末:大正文化年表・主要参考文献(44p)
【ISBN】
4-326-60014-4

Holding information 2records
1record-2record
0005132860
中央
302.1 /333 

書架
書庫(社会科学中央)

0011051626
戸塚
210.6 /シ 

書架
書庫

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP