Material information
【タイトル】
哲学入門一歩前 モノからコトへ
【シリーズ名】
講談社現代新書  ≪再検索≫
【著者名等】
広松渉/著  ≪再検索≫
【出版】
講談社 1988.9
【大きさ等】
18cm 221p
【NDC分類】
100
【件名】
哲学  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0190287029
【要旨】
〈実体(モノ)〉的三項図式にかわり、現相世界を網のように織りなす〈関係(コト)〉的存立構制、その結節としてたち顕れる「私」とは、どのようなものか?量子論からイタリアの戯曲まで、多彩なモデルで素描する、現代哲学の真髄!
【目次】
事物に「実体」はない(事物の本体を探ると;自然科学の「物体」像;「量子力学」と原子論;物理的「実在」と認識);認識は「写実」ではない(写像的知覚観の破綻;現象学の雄略と頓挫;現相的世界への定位;観測と実在相の構成);本質はどう仮現するか(個別存在と普遍概念;本質認知の擬直覚性;意味的本質の存立性;2重の物象化的錯認);事態は斯様に妥当する(「所与‐所識」と事態;肯定否定と判断対象;人格的主体の如実相;事態の自他への妥当)
【ISBN】
4-06-148916-X

Holding information 2records
1record-2record
0051081794
中央
100 /80 

書架
書庫(人文科学中央)

2053356977

100 / 

貸出中
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP