Material information
【タイトル】
こうすればわかりやすい表現になる 認知表現学への招待
【著者名等】
海保博之/著  ≪再検索≫
【出版】
福村出版 1988.12
【大きさ等】
19cm 215,6p
【NDC分類】
140.4
【件名】
文書−起案・起草  ≪再検索≫
【件名】
説得(心理学)  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0190292429
【要旨】
人とのコミュニケーションを効果的に行なうには、何をおいても、自分の考えを上手に表現して相手に苦労をかけずに正しくわかってもらうことが肝腎である。そのためには、どんなことに留意したらよいか、どんな技術があるのかについて、本書では書いてみた。
【目次】
プロローグ―わかりにくい表現さまざま;1章 人間は情報処理をする―認知表現学の基礎;2章 表現するとは;3章 表現するまでに頭のなかで起こること;4章 わかる、わからせる;5章 わかりたいと思わせる;6章 メンタルモデルに配慮する;7章 わかってもらう方法を工夫する;エピローグ わかりやすい表現さまざま
【内容】
さらに勉強してみたい方々へ:p214〜215
【ISBN】
4-571-21025-6

Holding information 1records
1record-1record
0005085365
中央
140.4 /45 

書架
書庫(人文科学中央)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP