Material information
【タイトル】
多賀城碑 その謎を解く
【著者名等】
安倍辰夫,平川南/編  ≪再検索≫
【出版】
雄山閣出版 1989.6
【大きさ等】
22cm 315,12p
【NDC分類】
210.02
【件名】
多賀城  ≪再検索≫
【件名】
宮城県−遺跡・遺物  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0190305905
【注記】
折り込図1枚
【要旨】
『おくのほそ道』に「壷の碑」と記された多賀城碑は江戸時代の文人たちが大きな関心を示したのに対し、明治以降は一貫して偽作と信じられてきたが、ここ10年にわたる研究の結果、ついに真碑であるとの結論を得るに至った。芭蕉が感涙にむせんだ多賀城碑(宮城県多賀城市)の総合的研究。
【目次】
序章 碑の謎;第1章 碑の発見とその名声;第2章 碑の真偽論争;第3章 姿・石材・彫り方;第4章 字くばりとものさし;第5章 筆跡の検討;第6章 壷碑;第7章 碑文の検討;第8章 発掘調査からみた多賀城の変遷;終章 碑文の語るもの
【内容】
文献目録:p297〜308
【ISBN】
4-639-00862-7

Holding information 2records
1record-2record
0001782371
中央
219.2 /69 

書架
書庫(人文科学野毛)

0031141125
金沢
210.3 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP