Material information
【タイトル】
日本経済史 6
【巻タイトル】
二重構造
【著者名等】
梅村又次/〔ほか〕編  ≪再検索≫
【出版】
岩波書店 1989.8
【大きさ等】
22cm 366,7p
【NDC分類】
332.1
【件名】
日本−経済−歴史−昭和時代  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0190313521
【要旨】
第一次大戦後ブームから世界恐慌へと、日本の経済も大きく揺れ動いた。そして列強にくらべ回復は速やかであったが、第二次大戦前夜まで、重化学工業化と都市化が進む一方で農業・在来産業は不況に呻吟し、「二重構造」が目立つようになる。日本資本主義論争が起こったのもこの時期である。政治・社会の変貌をもおさえ、時代の全体像を描く。
【目次】
1 概説―1914‐37年;2 巨大産業の興隆;3 二重構造;4 不均衡成長と金融;5 植民地経営;6 景気変動と経済政策;7 「国是」と「国策」・「統制」・「計画」
【ISBN】
4-00-003456-1

Holding information 6records
1record-5record
0004471164
中央
332.1 /28 /6

書架
書庫(社会科学中央)

0161009912

332.1 / 

書架
書庫

2001572310
保土谷
332.1 /ニ 

書架
書庫

0101049936

332.1 / 

書架
書庫

0061112801
山内
332 / 

書架
書庫

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP