Material information
【タイトル】
千利休無言の前衛
【シリーズ名】
岩波新書  ≪再検索≫
【著者名等】
赤瀬川原平/著  ≪再検索≫
【出版】
岩波書店 1990.1
【大きさ等】
18cm 246p
【NDC分類】
791.2
【個人件名】
千 利休  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0190328900
【要旨】
利休の創出した佗び・寂びとはどのような世界なのか。冗舌な権力者・秀吉との確執の中から無言の芸術・縮む芸術を考案し、斬新な発想と柔軟な感性で桃山時代を前衛的に生きた芸術家―映画「利休」のシナリオ執筆を契機に、その精神性を現代の諸相の中に浮上させる。ジャンルを起えて活躍する著者が日本文化の秘奥に挑む超エッセイ。
【目次】
序 お茶の入り口;1 楕円の茶室(利休へのルート;縮小の芸術;楕円の茶室);2 利休の足跡(堺から韓国へ;両班村から京都へ);3 利休の沈黙(お茶の心;利休の沈黙;「私が死ぬと茶は廃れる」)
【内容】
参考文献:p245〜246
【ISBN】
4-00-430104-1

Holding information 4records
1record-4record
0003281523
中央
791.2 /35 

書架
書庫(ポピュラー中央)

0121046331
神奈川
791 / 

貸出中
書庫

2050210351
磯子
791 / 

書架
公開

2051422468
山内
791 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP