Material information
【タイトル】
近代ヨーロッパと東欧 ポーランド啓蒙の国際関係史的研究
【著者名等】
中山昭吉/著  ≪再検索≫
【出版】
ミネルヴァ書房 1991.5
【大きさ等】
22cm 502p
【NDC分類】
234.9
【件名】
ポーランド−歴史  ≪再検索≫
【件名】
啓蒙主義  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0190371255
【目次】
1 ポーランド啓蒙の源流と初期西欧啓蒙(ポーランド16世紀的伝統;ポーランド兄弟団〈ソッツィーニ派〉と初期西欧啓蒙);2 「啓蒙の世紀」ヨーロッパのポーランド啓蒙(フランス啓蒙と亡命国王レシチンスキ;コナルスキにみる先駆的ポーランド啓蒙思想家像;「1791年5月3日憲法」とコウォンタイの役割;コシチューシコ蜂起敗北とユダヤ人);3 ナポレオン・ウィーン両体制下の啓蒙ポーランド18世紀的伝統(コシチューシコにおける反ナポレオン的行動原理;スターシツとポーランド初期汎スラヴ主義;「諸民族の春」と再生ポーランド啓蒙―ウィーン体制期ハスカラーと関連づけて)
【内容】
ポーランド啓蒙関係略年表:p466−475 文献一覧:p441−465
【ISBN】
4-623-02066-5

Holding information 1records
1record-1record
0004245059
中央
234.9 / 

貸出中
5階(人文科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP