Material information
【タイトル】
昭和期日本とインドネシア 1930年代「南進」の論理・「日本観」の系譜
【著者名等】
後藤乾一/著  ≪再検索≫
【出版】
勁草書房 1986.3
【大きさ等】
22cm 588p
【NDC分類】
319.1024
【件名】
日本−外国関係−インドネシア−歴史  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0193003519
【目次】
第1部 1930年代南進の展開とその「制度化」(1章 海軍南進論と「インドネシア問題」;2章 陸軍南進論の形成過程;3章 大亜細亜協会と「南方問題」;4章 天海・竹井十郎とインドネシア;5章 岩田愛之助と興亜協会;6章 南進と在インドネシア邦人社会;7章 在インドネシア日本人記者と「文化工作」);第2部 インドネシア民族主義運動の日本認識(前章 「太平洋問題」の登場;8章 モハマッド・ハッタと日本批判の論理;9章 アフマッド・スバルジョの日本観;10章 ドゥエス・デッケルの民族主義思想と日本;11章 1930年代の民族主義運動と日本;12章 日本・インドネシア関係史における「華僑問題」;13章 サレカット・インドネシア考―在日留学生会と日本)
【内容】
年表・主要参考文献について:p547〜568
【ISBN】
4-326-20031-6

Holding information 1records
1record-1record
0005129982
中央
319.1 /474 

書架
書庫(社会科学中央)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP