Material information
【タイトル】
論集日本仏教史 第1巻
【巻タイトル】
飛鳥時代
【出版】
雄山閣出版 1989.5
【大きさ等】
22cm 393p
【NDC分類】
182.1
【件名】
仏教−日本−歴史  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0193005728
【要旨】
東アジア仏教史研究の業績と考古学発掘調査の成果などに基づいて、多様化する研究の現況をひとまず概観し、主として思想的側面から、新しい研究の課題を探る画期的論集。
【目次】
1 仏教の流伝と仏教文化の形成(飛鳥時代概観;仏教東漸の国際的環境;仏教摂取の過程と意義;聖徳太子の仏教;思想・文化としての仏教);2 飛鳥時代における仏教の諸問題(飛鳥時代における神と仏;天寿国繍帳と飛鳥仏教;『勝鬘経』の受容;『維摩経義疎』の成立について;飛鳥仏教と政治;中央豪族の仏教受容とその史的意義;白鳳期地方寺院論;飛鳥時代の造像銘)
【ISBN】
4-639-00852-X

Holding information 1records
1record-1record
0005177685
中央
182.1 / 

書架
5階(人文科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP