Material information
【タイトル】
マドラス物語 海道のインド文化誌
【シリーズ名】
中公新書  ≪再検索≫
【著者名等】
重松伸司/著  ≪再検索≫
【出版】
中央公論社 1993.6
【大きさ等】
18cm 222p
【NDC分類】
225.6
【件名】
インド(南部)−歴史  ≪再検索≫
【件名】
マドラス  ≪再検索≫
【件名】
日本−文化−歴史−江戸時代  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0193065950
【要旨】
十二使徒のひとり、聖トーマスに由来する地名サントメは世界各地にある。南インドのマドラス市にもある。サントメの名に欧米人は殉教の聖者を連想し、江戸中期の日本人は、粋な縦縞「さんとめ」を思う。十二使徒の名が、なぜ南インドの地名に変身し、近世日本の「粋文化」を飾る木綿縞に転じたのか。舞台を江戸日本と、近世初期の南インドに求め、英蘭両海洋帝国の盛衰のドラマに、マドラスの歴史文化を探り、「さんとめ」縞の日本伝播を見る。
【目次】
第1部 江戸の天竺文化、「桟留」(江戸の意匠革命、「桟留」;オランダ交易と桟留;〈西方浄土〉から〈物産の地〉へ);第2部 南インド港市・聖地、サントメ(中国は南インドをどのように見ていたか;西洋から見た南インド―聖トーマス原像;南インドの「聖トーマス」像―その伝承と史実;共存する神々の聖地、「孔雀都市」);第3部 商館都市、マドラスの台頭(繁栄する国際港市、サントメ;東インド会社と南インド社会;英国東インド会社の「要塞商館」、マドラス;南インドの綿布産業)
【ISBN】
4-12-101137-6

Holding information 8records
1record-5record
0005684110
中央
225.6 /1 

書架
書庫(人文科学中央)

0007310030
中央
225.6 / 

書架
5階(人文科学)

0131066903

225 / 

書架
公開

0071163391
保土谷
225 / 

書架
公開

2000916857

225 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP