Material information
【タイトル】
文学近代化の諸相 1
【巻タイトル】
洋楽・戯作・自由民権
【著者名等】
小笠原幹夫/著  ≪再検索≫
【出版】
高文堂出版社 1993.04
【大きさ等】
22cm 166p
【NDC分類】
910.26
【件名】
日本文学−歴史−明治時代  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0194051696
【目次】
文政五年の翻訳劇―宇田川榕菴の和蘭戯曲;西周・津田真道オランダ留学の意義;教育思想家としての中村敬宇;最後の仇討―『冬楓月夕栄』をめぐって;ジュール・ヴェルヌの日本文学に及ぼした影響;『扇の恨』と『ラ・トスカ』;大デュマの日本文学に及ぼした影響―大衆小説の源流として;ノルマントン号沈没の芝居;坂崎紫瀾におけるフランス革命―『修羅の衢』をめぐって
【ISBN】
4-7707-0426-7

Holding information 1records
1record-1record
0006919456
中央
910.2 /2482 

書架
書庫(人文科学中央)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP