Material information
【タイトル】
量子連続測定と径路積分
【版情報】
〔原著〕増補版
【シリーズ名】
物理学叢書  ≪再検索≫
【著者名等】
M.B.メンスキー/著  ≪再検索≫
【著者名等】
町田茂/訳  ≪再検索≫
【出版】
吉岡書店 1995.05
【大きさ等】
22cm 244p
【NDC分類】
421.3
【件名】
量子力学  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0195030009
【注記】
Continuous quantum measurements and path integrals.
【要旨】
場の量子論における径路積分の広汎な応用を独自に開拓してきた著者が本書において量子論の基本問題を連続測定の観点から捉え直し、新しい視点を確立した。
【目次】
第1章 量子連続測定入門;第2章 瞬間的で次々に行われる測定;第3章 径路積分の方法;第4章 連続測定と測定される系の発展;第5章 振動子の連続測定;第6章 量子非被壊連続測定;第7章 電磁場の測定;第8章 量子宇宙論における時間;第9章 作用不確定性原理(AUP);第10章 量子連続測定の群論的構造;第11章 径路と測定:新しい展開
【内容】
参考文献:p235〜240
【ISBN】
4-8427-0254-0

Holding information 1records
1record-1record
2004183935
中央
421.3 /150 

貸出中
書庫(自然科学中央)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP