Material information
【タイトル】
現代社会と裁判 民事訴訟の位置と役割
【シリーズ名】
法哲学叢書  ≪再検索≫
【著者名等】
田中成明/著  ≪再検索≫
【出版】
弘文堂 1996.01
【大きさ等】
22cm 220,3p
【NDC分類】
327.2
【件名】
民事裁判  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0196004293
【要旨】
現代型訴訟、“第三の波”理論、民事訴訟改革、代替的紛争解決手続など最近の実務と理論の動向を、「法化」「非=法化」論議をめぐる問題状況のなかに位置づけつつ、法の3類型モデルを使って、民事訴訟の役割を原理的に考える。
【目次】
第1章 現代裁判をめぐる法状況(転換期日本法の現況;“法的なるもの”の拡散と核心;背景としての「法化」「非=法化」論議;現代法への視座と民事訴訟の位置);第2章 民事訴訟の位置と特質(民事紛争解決システムの多元化;“第三の波”理論の批判的検討);第3章 民事訴訟と紛争解決機能―民事司法改革の背景とその射程;第4章 現代型訴訟と政策形成機能
【ISBN】
4-335-30087-5

Holding information 1records
1record-1record
2010481581
中央
327.2 /143 

書架
書庫(社会科学中央)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP