Material information
【タイトル】
政治理論とポスト・モダニズム
【シリーズ名】
テオレイン叢書  ≪再検索≫
【著者名等】
S.K.ホワイト/著  ≪再検索≫
【著者名等】
有賀誠/訳  ≪再検索≫
【著者名等】
向山恭一/訳  ≪再検索≫
【出版】
昭和堂 1996.05
【大きさ等】
20cm 242,4p
【NDC分類】
311
【件名】
政治学  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0196028091
【注記】
Political theory and postmodernism.
【要旨】
「行為への責任」と「他者への責任」、2つのキーワードを軸に、モダンの「忘脚」に対する自己批判的な問い直しとしてポスト・モダンの含意を最大限に汲み取る。
【目次】
1 序論―ポストモダンの問題構制;2 モダン‐ポスト・モダンの緊張関係を理解すること;3 ハイデガーのポスト・モダニズムへの曖昧な遺産;4 ハイデガーと他者性への責任;5 「この笑いとこの舞踏から/の後で…」;6 差異派フェニミズムと他者性への責任;7 正義再考;8 結論
【ISBN】
4-8122-9601-3

Holding information 1records
1record-1record
2007786142
中央
311 /186 

書架
書庫(社会科学中央)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP