Material information
【タイトル】
雨の景観への招待 名雨のすすめ
【著者名等】
小林享/著  ≪再検索≫
【出版】
彰国社 1996.07
【大きさ等】
19cm 154p
【NDC分類】
290.13
【件名】
風景論  ≪再検索≫
【件名】
雨  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0196038893
【要旨】
古来より日本人は、雨を身近に感じ、ふれあい、その風景を愛でてきた。雨にまつわる事象を紹介しながら、日本人が雨との交渉の中で築き上げてきた風景体験、文化的伝統を通して、雨の風景を再発見し、環境形成のあらたなる規範を提供する。雨の風景を通して「景観とは何か」をまなぶ、新しい景観論。
【目次】
1 季節の雨に学ぶ;2 日常の風景と雨の演技;3 技芸と雨景―雨景の表現様式を探る;4 雨とアメニティの道を探る―雨の姿と意味
【ISBN】
4-395-00441-5

Holding information 1records
1record-1record
2008157629
中央
290.1 /129 

書架
書庫(人文科学中央)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP