Material information
【タイトル】
知の果てへの旅 思想と文学の現在
【著者名等】
コリン・ウィルソン/著  ≪再検索≫
【著者名等】
関口篤/訳  ≪再検索≫
【出版】
青土社 1996.10
【大きさ等】
20cm 333p
【NDC分類】
104
【件名】
哲学  ≪再検索≫
【件名】
文学  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0196055570
【注記】
Existentially speaking.
【要旨】
現代思想の扉を開いたフッサールの現象学。その上に展開したハイデガー、サルトルらの実存思想。その伏流水となったムージル、マルロー、カミュらの文学。また、レヴィ=ストロースやフーコーの構造主義。デリダ、ドゥルーズのポスト構造主義。そしてまた、それらとは全く別な展開をたどったホワイトヘッド、W・ルイス、イシャーウッド、ケストラーなど、英米の文学・思想圏を重ね合わせて、二十世紀の人類の思想的営為を犀利に解剖。
【目次】
フランス哲学展望;フッサールと進化;マルロー、サルトル、カミュ―実存主義の行方;忘れられた傑作―ホワイトヘッド『記号論』;ミシェル・フーコー、曖昧の権化;フランス的思弁の行方―フーコー批判;デリダ論―息子ロワンの理解のために;デリダを脱構築する;SFと実存主義―個人的思い入れ;現代人を抉る―ムージル『特性のない男』論;ムージルを読む快楽;才能は屈折する―ウィンダム・ルイス論;文学の正統―クリストファー・イシャウッド論;アーサー・ケストラーの大いなる選択
【ISBN】
4-7917-5486-7

Holding information 3records
1record-3record
2008693415
中央
104 /417 

書架
書庫(人文科学中央)

2008628249

104 / 

書架
公開

2008894682

104 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP