Material information
【タイトル】
信府統記
【著者名等】
鈴木重武/編述  ≪再検索≫
【著者名等】
三井弘篤/編述  ≪再検索≫
【出版】
国書刊行会 1996.12
【大きさ等】
22cm 891p
【NDC分類】
215.2
【件名】
松本藩  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0197002066
【注記】
解題:小松芳郎 吟天社明治17年刊の合本複製
【要旨】
本書は、享保9年12月、ときの藩主水野忠恒の家臣で学究の武士であった鈴木重武と三井弘篤が編述したものである。まず松本城の開基、町割から、近国への道筋、方角道程、領地境等の大略を、質の高い資料で考証・論述してまとめ、信濃国七藩の城の歴史を概略している。いわば、享保期の松本藩の百科事典たる内容を呈している。近世松本藩の最高の藩政資料である。
【ISBN】
4-336-03889-9

Holding information 1records
1record-1record
2010606872
中央
215.2 /10 

書架
書庫(人文科学中央)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP