Material information
【タイトル】
Mathematicaによる離散数学入門
【シリーズ名】
新・数学とコンピュータシリーズ  ≪再検索≫
【著者名等】
片桐重延/共著  ≪再検索≫
【著者名等】
室岡和彦/共著  ≪再検索≫
【出版】
東京電機大学出版局 1997.04
【大きさ等】
21cm 224p
【NDC分類】
410
【件名】
数学  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0197022274
【要旨】
離散数学と呼ばれる数学の一分野が近年めざましく発展してきた。この原因として、探究のきっかけ、あるいは基本的な題材が日常生活に結びついているからである。また、離散数学はコンピュータあるいは情報化社会に密接に関連している。本書では、従来からある身近かな題材を中心に離散数学をまとめ、Mathematicaを用いて問題を解決するようにした。Mathematicaは豊富なパッケージを持ち、世界地図やTEX、グラフ理論なども扱えるが、その基本的な利用は、数や式、データやリスト、グラフィックスや音である。本書もこの3つに絞った。
【目次】
第1章 Mathematica;第2章 離散化のアイデア;第3章 数え上げの方法;第4章 数列を作る;第5章 データ処理と確率;第6章 離散構造
【ISBN】
4-501-52610-6

Holding information 1records
1record-1record
2010988805
中央
410 /252 

書架
書庫(自然科学中央)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP