Material information
【タイトル】
フランス革命の社会史
【シリーズ名】
世界史リブレット  ≪再検索≫
【著者名等】
松浦義弘/著  ≪再検索≫
【出版】
山川出版社 1997.07
【大きさ等】
21cm 90p
【NDC分類】
235.06
【件名】
フランス革命  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0197047952
【要旨】
フランス革命のなにが革命的だったのか?十数年前までなら、多くの人が、フランス革命の革命たるゆえんは、封建制を根底的に廃止して資本主義の順調な発展の条件をつくりだしたことにあると答えただろう。フランス革命はブルジョワ革命だった、と。では現在はどうだろうか?フランス革命のイメージは同じままなのだろうか?本書は、この問いに答えようとする試みである。
【目次】
フランス革命のなにが革命的だったのか;1 フランス命革へのまなざし;2 アンシャン・レジームの国家と社会;3 政治文化の革命としてのフランス革命;4 フランス革命とユートピア;5 フランス革命と抵抗・暴力;現在からふりかえって
【内容】
参考文献:p89〜90
【ISBN】
4-634-34330-4

Holding information 1records
1record-1record
2046204495
中央
235.0 /131 

書架
書庫(人文科学中央)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP