Material information
【タイトル】
正統の垂直線 透谷・鑑三・近代
【著者名等】
新保祐司/著  ≪再検索≫
【出版】
構想社 1997.11
【大きさ等】
20cm 234p
【NDC分類】
910.26
【件名】
日本文学−歴史−近代  ≪再検索≫
【個人件名】
北村 透谷  ≪再検索≫
【個人件名】
内村 鑑三  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0197072532
【要旨】
正気広大―魂に語りかけ激しく揺さぶり、今こそ覚醒の時と説く「使徒」的批評。内村鑑三の精神に導かれ歴史の中に、さまよえる日本唯一の可能性「正統」の動脈を明かす。隠された北村透谷の真価を掘り起した画期的一冊。
【目次】
序説 正気と正統;1 日本の正統(近代日本の正統;近代日本文学とキリスト教;内村鑑三と「明治の精神」 ほか);2 批評の正統(批評の覚醒;批評の骨立;批評の抒情 ほか);3 文学史の正統(透谷に於ける「他界」;近代日本文学史骨―透谷を軸として;内村鑑三と北村透谷)
【ISBN】
4-87574-063-8

Holding information 1records
1record-1record
2026437604
中央
910.2 /4792 

書架
書庫(人文科学中央)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP