Material information
【タイトル】
映像論 〈光の世紀〉から〈記憶の世紀〉へ
【シリーズ名】
NHKブックス  ≪再検索≫
【著者名等】
港千尋/著  ≪再検索≫
【出版】
日本放送出版協会 1998.04
【大きさ等】
19cm 278p
【NDC分類】
778.04
【件名】
映像  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0198025260
【要旨】
「映像を見る」とは、いかなる営みなのか?「光」によって現実を変える魔術、映像。本書は情報のデジタル化に伴い、この「魔術」が大きな転換期を迎えた現在、写真、映画、テレビからデジタル・イメージにいたる、人間の映像体験の意味合いをあらためて問い直すとともに、視覚優位の映像社会・文化の盲点をつき、21世紀へ向けて、身体性や記憶の復権を目指し、新しい映像文化の胎動をも予見する。
【目次】
序論 ピクチャー・プラネットの誕生;1 映像と身体;2 失われた影;3 記憶の文明;エピローグ 闇の視線―「見ること」と「信じること」
【内容】
註・参考文献,関連略年表:p255〜266
【ISBN】
4-14-001827-5

Holding information 3records
1record-3record
2045920707
中央
778.0 / 

書架
5階(人文科学)

2046433109

778 / 

書架
公開

2002234036
金沢
778 / 

書架
書庫

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP