Material information
【タイトル】
初期マルサス経済学の研究
【シリーズ名】
同志社大学経済学研究叢書  ≪再検索≫
【著者名等】
横山照樹/著  ≪再検索≫
【出版】
有斐閣 1998.05
【大きさ等】
22cm 238p
【NDC分類】
331.43
【個人件名】
マルサス トマス・ロバート  ≪再検索≫
【個人件名】
Malthus Thomas Rober  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0198031443
【要旨】
本書は、1798年の『人口論』初版から1817年の『人口論』第5版までの、マルサスにおける経済学の発展について考察したものである。
【目次】
第1章 『人口論』初版における経済理論;第2章 『人口論』第2版における農業保護論の展開;第3章 J.ミルの農業保護論批判;第4章 『人口論』第3版における農業保護論;第5章 『諸考察』における穀物輸入制限論;第6章 『諸根拠』における農業保護論;第7章 『人口論』第5版における農業保護論の基礎理論;第8章 『人口論』第5版における穀物輸入制限論
【内容】
参考文献:p225〜230
【ISBN】
4-641-16029-5

Holding information 1records
1record-1record
2014985665
中央
331.4 /90 

書架
書庫(社会科学中央)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP