Material information
【タイトル】
邪馬台国
【シリーズ名】
古代を考える  ≪再検索≫
【著者名等】
平野邦雄/編  ≪再検索≫
【出版】
吉川弘文館 1998.07
【大きさ等】
20cm 298p
【NDC分類】
210.273
【件名】
邪馬台国  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0198037153
【要旨】
日本史最大の謎=邪馬台国、倭女王卑弥呼の都はどこに存在したのか。さまざまな解釈を生む魏志倭人伝を、徹底した史料批判を通して問題点を整理する。中国史における倭人伝の位置や東アジア世界の情勢を踏まえ、倭の国々や三角縁神獣鏡を解明。九州と大和を代表する吉野ヶ里・纒向遺跡の都市的集落を分析し、混迷する論争に新たな指針を提示する。
【目次】
1 邪馬台国とその時代―総論;2 倭人の登場と東アジア;3 二・三世紀の東アジア世界;4 考古学からみた「倭国乱」―弥生後〜末期の社会状況;5 東洋学からみた『魏志』倭人伝;6 考古学からみた邪馬台国;7 邪馬台国を探る二つの遺跡;8 倭の実態;9 東アジア世界の変貌とヤマト王権
【ISBN】
4-642-02188-4

Holding information 1records
1record-1record
2025155010
中央
210.3 /1339 

書架
書庫(人文科学中央)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP