Material information
【タイトル】
芸術における近代
【シリーズ名】
叢書転換期のフィロソフィー  ≪再検索≫
【著者名等】
神林恒道/編  ≪再検索≫
【著者名等】
太田喬夫/編  ≪再検索≫
【出版】
ミネルヴァ書房 1999.04
【大きさ等】
22cm 349p
【NDC分類】
702.06
【件名】
芸術−歴史−近代  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0199024283
【要旨】
「美」はなんでもありの時代になりました。それは何もない時代ともいえます。現代芸術が産みだそうとしているものはなにか。そこに「美」は存在するか。
【目次】
第1部 近代の自覚としてのロマン主義(「ゴシック」再興からロマン主義へ―北方的芸術精神の系譜学;崇高と近代―崇高論の射程;ベートーヴェン神話の形成と支配―音楽における近代 ほか);第2部 世紀末の闇と光(ニーチェとデカダンスの問題;デカダンス―ただ生きるがために生きるという生き方について;転換期の音楽―調性解体のフィロソフィー ほか);第3部 状況としてのポスト・モダン(近代の終焉?―芸術的表現の可能性と限界;虚偽の行方―制度としての「芸術」;「音楽」の外で ほか)
【内容】
内容:三つの世紀末 神林恒道/著.近代の自覚としてのロマン主義 「ゴシック」再興からロマン主義へ 小田部胤久/著.崇高と近代 神林恒道/著.ベートーヴェン神話の形成と支配 三浦信一郎/著.C・D・フリードリヒの近代性と二〇世紀美術 仲間裕子/著.新芸術の楽しみ方 岩城見一/著.世紀末の闇と光 ニーチェとデカダンスの問題 森谷宇一/著.デカダンス 上倉庸敬/著.転換期の音楽 根岸一美/著.「楽園」の転換 潮江宏三/著.世紀転換期の文学における絵の記述 太田喬夫/著.状況としてのポスト・モダン 近代の終焉? 村田誠一/著.虚偽の行方 大森淳史/著.「音楽」の外で 中川真/著.メディア映像と芸術 吉積健/著.作品の政治権力論をこえて 岡林洋/著. 索引あり
【ISBN】
4-623-02919-0

Holding information 1records
1record-1record
2017116803
中央
702.0 /392 

書架
書庫(人文科学中央)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP