Material information
【タイトル】
戦後日本外交史
【シリーズ名】
有斐閣アルマ  ≪再検索≫
【著者名等】
五百旗頭真/編  ≪再検索≫
【出版】
有斐閣 1999.05
【大きさ等】
19cm 308p
【NDC分類】
319.1
【件名】
日本−対外関係−歴史−昭和時代(1945  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0199031437
【要旨】
歴史の瞬間は、その時点に立って考えれば、いつも「海図なき航海」であった。戦後日本は、20世紀後半の国際社会をどう航海したのか。めまぐるしく変動する国際環境の中での外交的選択の戦後50年を、ここに再現する。
【目次】
序章 戦後日本外交の構図;第1章 占領下日本の「外交」;第2章 独立国の条件―1950年代の日本外交;第3章 経済大国の外交の原型―1960年代の日本外交;第4章 自立的協調の模索―1970年代の日本外交;第5章 「国際国家」の使命と苦悩―1980年代の日本外交;終章 冷戦後の日本外交
【内容】
文献あり 年表あり 索引あり
【ISBN】
4-641-12069-2

Holding information 1records
1record-1record
2017365749

319.1 / 

書架
書庫

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP