Material information
【タイトル】
システムと自己観察 フィクションとしての〈法〉
【著者名等】
村上淳一/著  ≪再検索≫
【出版】
東京大学出版会 2000.06
【大きさ等】
20cm 212,6p
【NDC分類】
321
【件名】
法律学  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0200033405
【要旨】
「法」が“イマジナリー”であること。オートポイエーシス論やサイバネティクス論などの現代思想を、具体的な社会システムや意識システムに援用することで開かれる、まったく新しい法的思考。
【目次】
1 転換期の法思考;2 裁判官の事件「構成」;3 「法の解釈」と「構成主義」;4 スペンサー‐ブラウンとルーマン;5 思想家ヴィレム・フルッサーの多文化的背景;6 罪咎・謝罪・責任;補説 「司法制度改革・法学教育改革」管見
【内容】
索引あり
【ISBN】
4-13-031168-9

Holding information 1records
1record-1record
2020328501
中央
321 /286 

書架
書庫(社会科学中央)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP