Material information
【タイトル】
飢饉 飢えと食の日本史
【シリーズ名】
集英社新書  ≪再検索≫
【著者名等】
菊池勇夫/著  ≪再検索≫
【出版】
集英社 2000.07
【大きさ等】
18cm 210p
【NDC分類】
611.39
【件名】
飢きん−日本−歴史  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0200041834
【要旨】
日本の食料自給率は、年々低下を続け、カロリーベースでは40パーセント、穀物自給率では二七パーセントになってしまった(1998年度)。それでも「飽食の時代」を謳歌できるのは、外国からの大量の食料輸入に頼っているからである。「瑞穂」の国といわれた日本は、天候不順や蝗害などでたびたび「飢饉」に襲われてきた歴史がある。絶対的な飢えに直面した時、人々はどんな行動をとるのだろうか。そして「飢饉」はどんな社会経済構造の下で起きるのだろうか。本書は飽食の時代に警鐘を鳴らす「飢えと食の日本史」である。
【目次】
序章 今、なぜ飢饉か;第1章 日本列島の飢饉史;第2章 飢饉のなかの民衆;第3章 凶作・飢饉のメカニズム;第4章 飢饉回避の社会システム;第5章 飢饉の歴史と現代
【ISBN】
4-08-720042-6

Holding information 1records
1record-1record
2020757666
中央
611.3 /378 

書架
書庫(自然科学中央)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP