Material information
【タイトル】
素粒子物理学
【著者名等】
原康夫/著  ≪再検索≫
【著者名等】
稲見武夫/著  ≪再検索≫
【著者名等】
青木健一郎/著  ≪再検索≫
【出版】
朝倉書店 2000.09
【大きさ等】
21cm 215p
【NDC分類】
429.6
【件名】
素粒子  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0200051600
【要旨】
最もミクロな世界の主役で物質構造の基本粒子である素粒子の物理学のさわりの部分のわかりやすい教科書。本書では、現在までに行われた素粒子の実験をほぼ完全に説明する「素粒子標準模型」に焦点を絞り、どのような理論かを解説しました。そしてどのようにしてこの理論が創られ、この理論にはどのような課題が残されているかなどにも触れました。
【目次】
素粒子物理学とは;相対論的場の理論;素粒子の世界を探る;素粒子の対称性;U(1)ゲージ理論と量子電磁気学;弱い相互作用の低エネルギー領域での物理;対称性の破れ;電弱相互作用の統一理論;クォークとQCD;標準模型とフェルミオン世代;標準模型を超えて〔ほか〕
【内容】
索引あり
【ISBN】
4-254-13082-1

Holding information 3records
1record-3record
2022935413
中央
429.6 /61 

書架
書庫(自然科学中央)

2023849200
都筑
429 / 

貸出中
公開

2023047163

429 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP