Material information
【タイトル】
軍記物語とその劇化 『平家物語』から『太閤記』まで
【シリーズ名】
古典講演シリーズ  ≪再検索≫
【著者名等】
国文学研究資料館/編  ≪再検索≫
【出版】
臨川書店 2000.10
【大きさ等】
19cm 226p
【NDC分類】
913.43
【件名】
軍記物語  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0200057491
【要旨】
戦がいかに描かれ、語られたか。さまざまな作品が、多くの人々に親しまれてきた軍記。『平家物語』『太閤記』、さらに近世の軍書を新たな視点から読み直す三編を前半に、能、幸若舞、浄瑠璃という、演劇化された軍記について考察する三編を後半に収録。
【目次】
『平家物語』の受容と展開―中世から近世へ;近世の軍書―近江の戦国時代を描いた作品を例として;『太閤記』の描く秀吉像;あの世から振り返って見る戦物語;義経の最期をめぐる物語―「和泉が城」「高館」;「歴史」確認のドラマ―知盛と実盛
【内容】
内容:『平家物語』の受容と展開 櫻井陽子/著. 近世の軍書 笹川祥生/著. 『太閤記』の描く秀吉像 江本裕/著. あの世から振り返って見る戦物語 山中玲子/著. 義経の最期をめぐる物語 小林健二/著. 「歴史」確認のドラマ 原道生/著.
【ISBN】
4-653-03729-9

Holding information 1records
1record-1record
2023034185
中央
913.4 / 

書架
5階(人文科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP