Material information
【タイトル】
中近世日本貨幣流通史 取引手段の変化と要因
【シリーズ名】
神戸大学経済学叢書  ≪再検索≫
【著者名等】
浦長瀬隆/著  ≪再検索≫
【出版】
勁草書房 2001.06
【大きさ等】
22cm 284p
【NDC分類】
337.21
【件名】
貨幣−日本−歴史  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0201034914
【要旨】
本書では、領国貨幣・近世的貨幣体系の成立・金遣い経済権と銀遣い経済権の諸問題について、売券の集計によって、貨幣使用の視点から実証を試みる。
【目次】
課題と研究史;16世紀後半奈良における取引手段の変化―多聞院日記を中心として;16世紀後半京都における取引手段の変化;16世紀後半近江国菅浦における取引手段の変化;16世紀〜17世紀初期西日本各地における取引手段の変化;16世紀後半における諸制度の変化;16世紀後半奈良における米価・金利と悪銭流通―多聞院日記を中心として;取引手段の変化の原因;中世および中近世移行期における貨幣流通;17世紀における米から銀への変化;17世紀〜18世紀における金・銀の使用;近世貨幣流通史における諸問題
【内容】
文献あり 索引あり
【ISBN】
4-326-50134-0

Holding information 1records
1record-1record
2025070111
中央
337.2 / 

書架
4階(社会科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP