Material information
【タイトル】
経済発展の産業連関分析 総投下労働量と労働の付加価値生産性を中心に
【著者名等】
中島章子/著  ≪再検索≫
【出版】
日本評論社 2001.05
【大きさ等】
22cm 176p
【NDC分類】
331.19
【件名】
産業連関論  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0201036309
【要旨】
本書は著者が1978年以来行なってきた研究のうち日本と韓国の間の不等労働量交換の問題を中心として編集し、一部を書き下ろしたものである。すべて総投下労働量と労働の付加価値生産性(所得率)およびその逆数であるところの付加価値当たり必要労働量に関する論文を集めたものである。
【目次】
総投下労働量(総労働需要量)と労働の付加価値生産性との理論的関係;総投下労働量と労働の付加価値生産性の実証研究(経済構造の分析を中心に;経済発展の過程における回帰分析の結果とその解釈を中心に);不等価交換、技術進歩と経済発展―搾取の定義、その拡張およびその実証;不等価交換・搾取および経済開発―日本の1970‐1975‐1980年接続産業連関分析;日韓接続産業連関分析―日韓不等労働量交換の測定
【内容】
文献あり 索引あり
【ISBN】
4-535-55263-0

Holding information 1records
1record-1record
2025121026
中央
331.1 / 

書架
4階(社会科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP