Material information
【タイトル】
正統性の喪失 アメリカの街頭犯罪と社会制度の衰退
【シリーズ名】
現代社会学叢書  ≪再検索≫
【著者名等】
ゲリー・ラフリー/〔著〕  ≪再検索≫
【著者名等】
宝月誠/監訳  ≪再検索≫
【著者名等】
大山小夜/訳  ≪再検索≫
【著者名等】
平井順/訳  ≪再検索≫
【著者名等】
高橋克紀/訳  ≪再検索≫
【出版】
東信堂 2002.07
【大きさ等】
22cm 310p
【NDC分類】
368.6
【件名】
犯罪−アメリカ合衆国−歴史  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0202049552
【注記】
Losing legitimacy.
【注記】
付:正誤表1枚
【要旨】
「制度」の正統性の喪失―政治・経済・家族等、米国社会の全局面に現れた伝統的制度の無力化は、犯罪率の増加と明らかに相関している。60年代以降8倍にも達した街頭犯罪激増の原因を、膨大なデータ群分析を通じ的確に解明した、現代犯罪社会学研究の白眉。
【目次】
第1章 戦後の犯罪動向を理解する;第2章 犯罪の波―戦後アメリカにおける街頭犯罪の動向;第3章 戦後アメリカにおける犯罪者の特徴と犯罪動向:第4章 既存の犯罪理論の評価;第5章 犯罪と社会制度;第6章 犯罪とアメリカの政治制度;第7章 犯罪とアメリカの経済制度;第8章 犯罪とアメリカの家族の変貌;第9章 正統性の危機への制度的対応―刑事司法・教育・福祉;第10章 戦後アメリカにおける犯罪と制度的正統性
【内容】
索引あり
【ISBN】
4-88713-441-X

Holding information 1records
1record-1record
2027692608
中央
368.6 / 

書架
4階(社会科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP