Material information
【タイトル】
癒しの楽器パイプオルガンと政治
【シリーズ名】
文春新書  ≪再検索≫
【著者名等】
草野厚/著  ≪再検索≫
【出版】
文藝春秋 2003.1
【大きさ等】
18cm 190p
【NDC分類】
318.2
【件名】
日本−政治・行政  ≪再検索≫
【件名】
パイプオルガン  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0203002416
【著者等紹介】
1947年東京生まれ。慶応義塾大学法学部卒。商社勤務のあと、上智大学大学院修士課程修了。東京工業大学助教授などを経て、現在、慶応義塾大学総合政策学部教授。
【要旨】
バブル期、多くの地方自治体がパイプオルガンを導入した。いま、その多くは「宝の持ち腐れ」である。特権的な一部の演奏家しか利用できなかったり、故障だらけで法外なメンテナンス費用が毎年かかったり、税金で買ったことを十分に認識していないとしか思えないケースがたくさんある。そして、オルガンの機種選定や音楽ホールの運営委託に於いても、国立大学教員などによる不明朗な動きが数々見られる。クラシック音楽の世界も腐敗と無縁ではないのだ。
【目次】
第1章 なぜパイプオルガンなのか;第2章 どこにオルガンはあるのか;第3章 パイプオルガンという楽器;第4章 こうしてオルガンは導入された;第5章 市民はオルガンに触れるか;第6章 オルガンは誰のものか;第7章 誰がオルガンを選ぶのか;第8章 なぜガルニエが選ばれるのか;終章 オルガンから政治が見えたか
【ISBN】
4-16-660298-5

Holding information 4records
1record-4record
2028650860
中央
318.2 / 

書架
4階(社会科学)

2028815215
港北
318.2 / 

書架
公開

2028840333

318.2 / 

書架
公開

2028860270
戸塚
318.2 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP