Material information
【タイトル】
沖縄時間がゆったり流れる島
【シリーズ名】
光文社新書  ≪再検索≫
【著者名等】
宮里千里/著  ≪再検索≫
【出版】
光文社 2003.5
【大きさ等】
18cm 241p
【NDC分類】
302.199
【件名】
沖縄県  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0203035399
【著者等紹介】
1950年島尻郡真和志村生まれ。エッセイストにして沖縄の民俗祭祀の録音記録者。著書に「ウーマク!」「アコークロー」沖縄タイムス出版文化賞受賞、「シマサバはいて」、共著に「ウチナー・ポップ」「沖縄ポップカルチャー」「沖縄的人生」などがある。
【注記】
文献あり
【要旨】
沖縄特有の現象がある。死亡広告欄に目を通す朝の日課、聖なる儀式としての結婚披露宴、お墓の新築祝い、先祖と子孫が食を通じて一体感を得る祭り、等々。そして、出生率、平均寿命(女性)、失業率、離婚率、などの全国トップの数字。今、様々な表情を見せる沖縄へ、移住者が増え続けているのは何故か。独自の歴史と他者を受け入れる文化土壌を築いてきた沖縄の魅力を綴る。
【目次】
第1章 個人情報満載の新聞広告;第2章 並ばない文化と当日券文化;第3章 台風でも結婚披露宴だけは;第4章 ニライカナイと沖縄の神々;第5章 お墓の新築祝い;第6章 先祖と一緒にご飯を食べる;第7章 オバァ限定・長寿社会;第8章 オバァたちの名前が凄い;第9章 高すぎでも低すぎでもない人生;第10章 なくてはならないもの;第11章 受け入れる文化
【ISBN】
4-334-03197-8

Holding information 2records
1record-2record
2029408893
中央
302.1 /489 

書架
書庫(社会科学中央)

2029442196
鶴見
302.1 / 

貸出中
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP