Material information
【タイトル】
「アイヌ神謡集」を読みとく
【著者名等】
片山龍峯/著  ≪再検索≫
【出版】
片山言語文化研究所 2003.5
【出版】
草風館
【大きさ等】
26cm 487p
【NDC分類】
829.2
【件名】
アイヌ語  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0203040890
【注記】
文献あり 索引あり 表紙のタイトル:「アイヌ神謡集」解説
【注記】
並列タイトル:Commentary on Ainu shin’yoshu
【要旨】
シロカニペ、ランラン、ピシカン(銀の滴降る降るまわりに)を含め13話を収録。この一冊で名著「アイヌ神謡集」(知里幸恵著)のアイヌ語が初心者にも読める!80年間待たれてきた画期的な書がついに完成。カタカナで表記され、誰もがアイヌ語を読め、意味がわかる。
【目次】
シマフクロウ神が自らをうたった謡「シロカニペ、ランラン、ピシカン」;キツネが自らをうたった謡「トワ、トワ、ト」;キツネが自らをうたった謡「ハイクンテレケ、ハイコシテムトゥリ」;ウサギが自らをうたった謡「サンパヤ、テレケ」;谷地の魔神が自らをうたった謡「ハリッ、クンナ」;小オオカミの神が自らをうたった謡「ホテナオ」;シマフクロウ神が自らをうたった謡「コンクワ」;シャチの神が自らをうたった謡「アトゥイカ、トマトマキ、クントゥテアシ、フムフム!」;カエルが自らをうたった謡「トーロロ、ハンロク、ハンロク」;小オキキリムイが自らをうたった謡「クッニサ、クトゥン、クトゥン」;小オキキリムイが自らをうたった謡「タノタ フレフレ」;カワウソが自らをうたった謡「カッパ レウレウ カッパ」;沼貝が自らをうたった謡「トヌペカ ランラン」
【ISBN】
4-88323-133-X

Holding information 2records
1record-2record
2029544193
中央
829.2 / 

書架
3階(一般調査)

2038594950
鶴見
829.2 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP