Material information
【タイトル】
オディロン・ルドン 光を孕む種子
【著者名等】
本江邦夫/〔著〕  ≪再検索≫
【出版】
みすず書房 2003.7
【大きさ等】
22cm 352,13p
【NDC分類】
723.35
【個人件名】
ルドン,オディロン  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0203054444
【著者等紹介】
1948年愛媛県生まれ。76年東京大学人文系大学院修士課程修了、東京国立近代美術館に勤務。20年におよぶ美術館員としての活動に限界を感じ、98年多摩美術大学共通教育学科教授として学園生活に新たなる活路を求める。2001年より府中市美術館館長を兼任。
【注記】
文献あり 年譜あり 索引あり 並列タイトル:Odilon Redon
【要旨】
戦慄すべき“黒”から天上的な“色彩”へ、自然と内面のヴィジョンを掘り下げて象徴主義絵画の精華をきわめた孤高の画家ルドンの、想像力の核心に迫る力作評論。薄明の時代に芸術家とは何か。
【目次】
序章 自然とともに閉じこもる;1 種子から樹木へ(ピカールへの手紙;ロドルフ・ブレスダン ほか);2 “黒”の美学(二つの個展、二つの批評;木炭と暗示的芸術 ほか);3 象徴主義と絵画(印象主義の問題;ルドンとゴーギャン ほか);終章 アポロンの馬車
【ISBN】
4-622-07035-9

Holding information 1records
1record-1record
2030380374
中央
723.3 /803 

書架
書庫(人文科学中央)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP