Material information
【タイトル】
環境時代の構想
【著者名等】
武内和彦/著  ≪再検索≫
【出版】
東京大学出版会 2003.9
【大きさ等】
20cm 228p
【NDC分類】
519
【件名】
環境問題  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0203066511
【著者等紹介】
1951年和歌山県生まれ。74年東京大学理学部卒。76年東京大学大学院農学系研究科修士課程修了。現在、東京大学大学院農学生命科学研究科教授。
【注記】
文献あり
【要旨】
21世紀日本を環境という視点からどのようにとらえるか。そのカギは、ランドスケープをキーワードにグローバル化とローカル化を融合させることにある。地球規模の視点から、これからの地域づくりの羅針盤を提示する。
【目次】
第1章 共存―国土と環境をとらえる構図(グローバル化とローカル化;ランドスケープからの発想 ほか);第2章 地球―環境時代の人間社会(地球と地域の環境政策;地球と地域をどうつなぐか ほか);第3章 国土―環境時代のグランドデザイン(国土のグランドデザイン;国土づくりの体系を見直す ほか);第4章 地域―風土をどう活かすか(人工と自然を融合させる都市づくり;都市と農村の地域づくり ほか);第5章 未来―環境時代への提言(逆転の発想による地域づくり;アジア的な都市・農村共存 ほか)
【ISBN】
4-13-063321-X

Holding information 1records
1record-1record
2030024586
中央
519 /961 

書架
書庫(自然科学中央)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP