Material information
【タイトル】
山の旅 明治・大正篇
【シリーズ名】
岩波文庫  ≪再検索≫
【著者名等】
近藤信行/編  ≪再検索≫
【出版】
岩波書店 2003.9
【大きさ等】
15cm 445p
【NDC分類】
291.09
【件名】
山岳−日本  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0203069099
【要旨】
信仰の登山から近代登山へ―明治から大正の時代、武田久吉・高頭仁兵衛ら日本近代登山黎明期の登山家たちも、正岡子規・幸田露伴ら文人たちも、様々なかたちで山をめざし、それぞれ個性的な文章をのこしている。新鮮な驚きに満ちた山の旅の記録二三篇を収録。
【目次】
乙酉掌記(抄)(松浦武四郎);旅の旅の旅(正岡子規);寒中滞岳記(野中到);知々夫紀行(幸田露伴);二百十日(抄)(夏目漱石);西蔵旅行記(抄)(河口慧海);尾瀬紀行(武田久吉);利尻山とその植物(牧野富太郎);木曽御嶽の両面(吉江喬松);白峰の麓(大下藤次郎)〔ほか〕
【内容】
内容: 乙酉掌記(抄)   松浦武四郎著
【内容】
旅の旅の旅   正岡子規著
【内容】
寒中滞岳記   野中到著
【内容】
知々夫紀行   幸田露伴著
【内容】
二百十日(抄)   夏目漱石著
【内容】
西蔵旅行記(抄)   河口慧海著
【内容】
尾瀬紀行   武田久吉著
【内容】
利尻山とその植物   牧野富太郎著
【内容】
木曾御嶽の両面   吉江喬松著
【内容】
白峰の麓   大下藤次郎著
【内容】
峠に関する二、三の考察   柳田国男著
【内容】
越中劍岳先登記   柴崎芳太郎著
【内容】
穂高岳槍ケ岳縦走記   鵜殿正雄著
【内容】
槍ケ岳に登った記   芥川竜之介著
【内容】
赤城にて或日   志賀直哉著
【内容】
平ケ岳登攀記   高頭仁兵衛著
【内容】
皇海山紀行   木暮理太郎著
【内容】
日本アルプス縦断記(抄)   長谷川如是閑著
【内容】
山恋ひ(抄)   宇野浩二著
【内容】
欧州アルプス越え(抄)   加賀正太郎著
【内容】
アルペン行(抄)   鹿子木員信著
【内容】
スウィス日記(抄)   辻村伊助著
【内容】
火と氷のシャスタ山   小島烏水著
【ISBN】
4-00-311702-6

Holding information 5records
1record-5record
2043412895
中央
291.0 /118 

書架
書庫(ポピュラー中央)文庫本

2030012472
港北
291 /ヤ 

書架
書庫文庫本

2031068471
都筑
291 / 

書架
公開文庫本

2031336905

291 / 

書架
公開文庫本

2030091720
瀬谷
291 / 

書架
公開文庫本

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP