Material information
【タイトル】
飢饉から読む近世社会
【著者名等】
菊池勇夫/著  ≪再検索≫
【出版】
校倉書房 2003.10
【大きさ等】
22cm 448p
【NDC分類】
210.4
【件名】
日本−歴史−中世  ≪再検索≫
【件名】
飢きん  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0203074802
【注記】
文献あり 索引あり
【目次】
歴史的体験としての飢饉;第1部 飢饉の非常態―民衆の飢饉体験(旅人のみた天明の飢饉;コモカブリ考―乞食の姿について;飢饉下の捨て子・子殺し―東北地方を事例に ほか);第2部 飢饉と列島社会(享保・天明の飢饉と政治改革―中央と地方、権力と市場経済;天命の飢饉と社会変動―盛岡藩「奥通」の場合;松前・蝦夷地の飢饉 ほか);第3部 救荒・備荒の社会システム(施行小屋の実態と機能―宝暦の飢饉・盛岡藩を事例に;損毛届と幕藩関係―盛岡藩を事例に;三年の蓄えなきは国にあらず―幕藩制社会の危機感理論 ほか)
【ISBN】
4-7517-3470-9

Holding information 1records
1record-1record
2030549700
中央
210.4 /483 

書架
書庫(人文科学中央)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP