Material information
【タイトル】
江戸お留守居役の日記 寛永期の萩藩邸
【シリーズ名】
講談社学術文庫  ≪再検索≫
【著者名等】
山本博文/〔著〕  ≪再検索≫
【出版】
講談社 2003.10
【大きさ等】
15cm 373p
【NDC分類】
210.52
【件名】
日本−歴史−江戸時代  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0203074862
【注記】
文献あり
【要旨】
時代は江戸初期。江戸藩邸に詰めて幕府・諸藩との折衝にあたった萩藩江戸留守居役、福間彦右衛門の日記『公儀所日乗』。そこには二千人の藩士が暮らす藩邸の生活の様子や留守居役の実像が細かく記されている。由井正雪の乱や支藩との対立など、迫りくる危機を彼らはどのように乗り越えたのか。第一級史料が描き出す、藩の命運を賭け奮闘する外交官の姿。
【目次】
プロローグ 福間彦右衛門の登場;第1章 お留守居役と幕閣・旗本;第2章 支藩との対立;第3章 萩藩の江戸屋敷;第4章 他藩との交渉;第5章 町人と江戸藩邸;第6章 御家のために;第7章 二つの代替わり;エピローグ 彦右衛門の引退
【ISBN】
4-06-159620-9

Holding information 4records
1record-4record
2071782991
中央
210.52 / 

書架
1階(ポピュラー)文庫本

2030524597
金沢
210.5 /エ 

書架
書庫文庫本

2070540366

210.5 / 

書架
公開文庫本

2030592428
戸塚
210.5 / 

貸出中
公開文庫本

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP