Material information
【タイトル】
転形期の日本労働運動 ネオ階級社会と勤勉革命
【著者名等】
東京管理職ユニオン/編  ≪再検索≫
【出版】
緑風出版 2003.12
【大きさ等】
20cm 229p
【NDC分類】
366.621
【件名】
労働運動−日本  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0203096544
【要旨】
慢性的な不況下、企業の倒産やリストラで失業者は増え続けている。だが、日本の労働運動は組織率が低下し、逆に混迷、無力化しつつある。ネオ階級社会と呼ばれ、社会は富める者と貧しい者に二極分解し、パートや契約、派遣社員が増える中、労働運動はどのように転換していけばいいのか?本書は、一人一人が自立した連合をめざす管理職ユニオン結成10年に当たり、今後の展望と運動のありかたを提議した書。
【目次】
第1部 ネオ階級社会と勤勉革命―東京管理職ユニオン結成一〇周年記念シンポジウム(英国社会と労働運動―ネオ階級社会労働運動への提言;日本型労働運動の深層―勤勉革命について;これからの労働組合を考える―東京管理職ユニオンの一〇年から);第2部 転形期の日本労働運動を考える(管理職ユニオンは「労働組合」にあらざるか―“東京管理職ユニオンをめぐって”労働委員会の視点から;「企業外労組」のニューウェーブ―“東京管理職ユニオンをめぐって”経営側の視点から;転形期労働運動の触媒に―“東京管理職ユニオンをめぐって”合同労組の視点から;「ニュー連合」加盟で労働運動の再生を―“東京管理職ユニオンをめぐって”コミュニティ・ユニオンの視点から;コミュニティ・ユニオンと日本の労働運動―社会的連帯としての労働組合)
【ISBN】
4-8461-0314-5

Holding information 1records
1record-1record
2031201309
中央
366.6 / 

書架
4階(社会科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP