Material information
【タイトル】
ディベートのすすめ
【シリーズ名】
有斐閣選書  ≪再検索≫
【著者名等】
望月和彦/著  ≪再検索≫
【出版】
有斐閣 2003.12
【大きさ等】
19cm 353p
【NDC分類】
809.6
【件名】
会議・討論のしかた  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0203101191
【著者等紹介】
1954年生まれ。78年大阪大学文学部卒。81年同大学経済学部卒。83年同大学大学院経済学研究科博士前期課程修了。現在、桃山学院大学経済学部教授。
【注記】
索引あり 並列タイトル:Introduction to debate
【要旨】
ディベート的発想を身につける。ディベートの意義や進め方といった基本的な内容を実例を交えて解説したうえで、社会が直面している具体的なテーマを数多く集め、問題設定と立論の基本ラインを提供する、新しい教材。論理的思考や冷静な判断力を身につけ、客観的に議論を行うための基礎を伝授する。
【目次】
第1部 ディベートの手引き(本書の構成とディベートの意義;ディベートの方法;模擬ディベート);第2部 ディベート・テーマ集:日本社会が抱える101のアポリア(難問)(政治問題;外交・国際問題;財政金融問題;経済問題;教育・家庭問題;社会問題)
【ISBN】
4-641-28089-4

Holding information 4records
1record-4record
2031238148
中央
809.6 / 

書架
3階(一般調査)

2031278107
神奈川
809 / 

書架
公開

2031232913

809 / 

書架
書庫

2031193705
磯子
809 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP