資料情報
【タイトル】
雪の夜に語りつぐ ある語りじさの昔話と人生
【叢書名】
福音館文庫  ≪再検索≫
【著者名等】
笠原政雄/語り  ≪再検索≫
【著者名等】
中村とも子/編  ≪再検索≫
【著者名等】
吉本宗/画  ≪再検索≫
【著者等紹介】
【笠原】1918年新潟県生まれ。33年上京、築地の食品問屋に奉公。39年兵隊として中国東北部へ。42年除隊。43年新潟県長岡駅に勤務。73年国鉄を退職、79年ころから昔話の語り手として、図書館の研究会や家庭文庫、幼稚園などに招かれるようになった。94年没。
【著者等紹介】
【中村】1954年生まれ。日本女子大学在学中に、フィールドワークを中心として、口承文芸の分野に目をひらかれる。日本口承文芸学会会員、民俗学会会員、昔話研究土曜会会員。
【出版者】
福音館書店
【出版年】
2004.2
【大きさ等】
17cm 484p
【NDC分類】
388.141
【件名】
民話−新潟県  ≪再検索≫
【要旨】
笠原政雄さんは、新潟県長岡市に住んでいた昔話の語り手です。笠原さんはお母さんから昔話を聞いて育ちました。この本は、笠原さんが語った思い出話といわゆる昔話の二部構成です。中村とも子さんが5年の歳月をかけて笠原さんから聞き集めたお話の数々にどうぞ耳をかたむけてください。小学校中級以上。
【目次】
いとこ煮とあんか―笠原政雄思い出話(母の思い出;あそびざかり ほか);むかし話(さば売りどん;権現堂の化けもん ほか);百物語;人や場所にまつわる話(越後の名山、米山;八石山の豆の木 ほか)
【内容】
新潟県長岡市に住んでいた昔話の語り手・笠原政雄氏。お母さんから昔話を聞いて育った笠原氏が語った思い出話と、いわゆる昔話を収録。中村とも子が5年の歳月を費やして聞き集めた話を数々を紹介する。
【ISBN等】
4-8340-0593-3
【書誌番号】
3-0204010144

所蔵情報 全7件
1件目〜5件目
2042047026
鶴見
38.8/

書架
公開

2061349165

38.8/

書架
公開

2052312593

38.8/

書架
公開

2031870065
保土谷
38.8/

書架
公開

2056252870
金沢
38.8/

書架
公開

前へ
次へ

予約情報
現在の予約登録者は0人です。


▼一覧
[0]TOP