Material information
【タイトル】
古事記説話形成の研究
【著者名等】
大脇由紀子/著  ≪再検索≫
【出版】
おうふう 2004.1
【大きさ等】
22cm 311p
【NDC分類】
913.2
【書誌番号】
3-0204016512
【著者等紹介】
1970年三重県生まれ。98年中京大学大学院文学研究科国文学専攻博士課程満期退学。現在、椙山女学園大学非常勤講師。専攻:日本古代文学。
【目次】
序章 『古事記』説話の形成(『古事記』の文学性;『古事記』と「話素」);第1章 皇位継承の次第を語る物語と「話素」(天津日高の継承;神武記の構想(一)―神剣の機能 ほか);第2章 后妃に纏わる物語と「話素」(垂仁記の構想(一)―円野比売命の物語的意味;垂仁記の構想(二)―大后比婆須比売命の物語的意味 ほか);第3章 繰り返される「話素」とその機能(根国訪問物語の構想―「葦原色許男神」の物語的名義;応神記の構想―秋山之下氷壮夫と春山之霞壮夫 ほか);終章 『古事記』編述者の構想(『古事記』の個性化;「話素」の提唱)
【ISBN】
4-273-03310-0

Holding information 1records
1record-1record
2031668703
中央
913.2 /44 

書架
書庫(人文科学中央)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP