Material information
【タイトル】
メディア文化を読み解く技法 カルチュラル・スタディーズ・ジャパン
【著者名等】
阿部潔/編  ≪再検索≫
【著者名等】
難波功士/編  ≪再検索≫
【出版】
世界思想社 2004.6
【大きさ等】
19cm 292p
【NDC分類】
361.45
【件名】
マス・メディア  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0204038264
【著者等紹介】
【阿部】東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。現在、関西学院大学社会学部教授。研究領域・テーマ:メディア コミュニケーション論、監視社会の批判理論。
【著者等紹介】
【難波】東京大学大学院社会学研究科修士課程修了。現在、関西学院大学社会学部助教授。研究領域・テーマ:広告論、メディア史、ユース・サブカルチャーズ史。
【注記】
文献あり 並列タイトル:Reading media culture
【要旨】
メディア文化の現在を読み解く。すると、身の周りに溢れる「不思議」と「驚き」が見えてくる。
【目次】
プロローグ 「メディア文化」とはなにか;1 見せる/隠す―「身体」のメディア文化(広告/身体/アイデンティティ;ビフォー/アフターなき整形―過程としての自己・妄信する自己);2 描く/伝える―「表現」のメディア文化(「異民族」の“博覧”―博覧会/博物館と「異文化理解」のポリティクス;アニメの表現世界);3 繋がる/離れる―「メディア・コネクション」のメディア文化(現実から物語へ/物語から現実へ;メディアの生涯―ローカルな音声を担う人々の物語);4 闘う/守る―「スポーツ」のメディア文化(メディアの中のスポーツとジェンダー―「女子マネージャー」という物語の誕生;スポーツにおける「男同士の絆」―ホモソーシャルな関係の意味するもの);エピローグ 何のための「読み解く技法」なのか
【ISBN】
4-7907-1059-9

Holding information 1records
1record-1record
2032109180
中央
361.4 /1715 

書架
書庫(社会科学中央)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP