Material information
【タイトル】
映画と「大東亜共栄圏」
【シリーズ名】
日本映画史叢書  ≪再検索≫
【著者名等】
岩本憲児/編  ≪再検索≫
【出版】
森話社 2004.6
【大きさ等】
20cm 312p
【NDC分類】
778.21
【件名】
映画−日本−歴史  ≪再検索≫
【件名】
太平洋戦争  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0204046220
【要旨】
共栄か侵略か。日本の対アジア政策に寄りそって、映画も植民地・占領地へと輸出され、あるいは現地製作された。植民地主義の欲望と映画、そしてアジア諸国の反応。
【目次】
アジア主義の幻影―日本映画と大東亜共栄圏;満鉄記録映画と「満州」―異郷支配の視線;抗日救国運動下の上海映画界―満州事変から第二次上海事変へ;上海・南京・北京―東宝文化映画部“大陸都市三部作”の地政学;「大東亜映画」への階段―「大陸映画」試論;映画人たちの「帝国」―「大東亜映画圏」の諸相;戦時下の台湾映画と『サヨンの鐘』;日本植民支配末期の朝鮮と映画政策―『家なき天使』を中心に;一九四〇年文化空間とエノケンの『孫悟空』;漫画映画の笑いと英雄―「桃太郎」と戦争;南方における映画工作―〈鏡〉を前にした「日本映画」;;ナショナリズムとモダニズム―“あの旗”は撃ち落とされたか?
【内容】
内容: アジア主義の幻影   岩本憲児著
【内容】
満鉄記録映画と「満州」   小関和弘著
【内容】
抗日救国運動下の上海映画界   張新民著
【内容】
上海・南京・北京   藤井仁子著
【内容】
「大東亜映画」への階段   晏〔ニ〕著
【内容】
映画人たちの「帝国」   マイケル・バスケット著
【内容】
戦時下の台湾映画と『サヨンの鐘』   洪雅文著
【内容】
日本植民支配末期の朝鮮と映画政策   金京淑著
【内容】
一九四〇年文化空間とエノケンの『孫悟空』   垂水千恵著
【内容】
漫画映画の笑いと英雄   秋田孝宏著
【内容】
南方における映画工作   岡田秀則著
【内容】
ナショナリズムとモダニズム   岩本憲児著
【ISBN】
4-916087-45-3

Holding information 1records
1record-1record
2032262247
中央
778.2 / 

書架
5階(人文科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP