Material information
【タイトル】
古代ギリシア遺跡事典
【著者名等】
周藤芳幸/著  ≪再検索≫
【著者名等】
澤田典子/著  ≪再検索≫
【出版】
東京堂出版 2004.9
【大きさ等】
23cm 268p
【NDC分類】
231
【件名】
ギリシア(古代)  ≪再検索≫
【件名】
ギリシア−遺跡・遺物  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0204063960
【著者等紹介】
【周藤】1962年神奈川県出身。東京大学文学部、同大学院人文科学研究科で考古学を専攻。ギリシア留学を経て、現在、名古屋大学助教授。
【著者等紹介】
【澤田】1967年富山県出身。東京大学文学部、同大学院人文社会系研究科で西洋史学を専攻。アメリカ留学後、東京大学助手を経て、現在、静岡大学助教授。
【注記】
文献あり 年表あり 索引あり 並列タイトル:Αρχαιολογικο´σ Οδηγο´σ τησ Ελλα´δασ
【要旨】
古代ギリシア世界を理解するうえで欠かすことのできない14の遺跡を厳選して紹介。古代の遺跡の歴史的意義と、現在、目にすることができる遺跡の姿とその性格を詳細に論じる。
【目次】
失われた伝説の宮殿―クノッソス;黄金に満ちた英雄の居城―ミケーネ;民主政治のふるさと―アテネ;彼岸の幸福を祈る秘儀の聖域―エレウシス;古代オリンピック競技会の舞台―オリュンピア;病を癒やす医神アスクレピオスの神域―エピダウロス;アポロンの声ひびく聖地―デルフィ;マケドニア王国発祥の地―ヴェルギナ;栄華を極めた古代マケドニアの都―ペラ;オリュンポスの懐に抱かれた聖地―ディオン;古代秘儀とニケの島―サモトラケ;アポロンの聖なる島―デロス;東地中海交易で名を馳せたヘレニズム都市―ロドス;ヘレニズム文化の粋を極めた城塞都市―ペルガモン
【ISBN】
4-490-10653-X

Holding information 7records
1record-5record
2032641590
中央
231 / 

書架
5階(人文科学)

2032672909
磯子
231 / 

書架
公開

2032692284

231 / 

書架
公開

2032685962
山内
231 / 

書架
公開

2032660749
都筑
231 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP