Material information
【タイトル】
天体力学のパイオニアたち カオスと安定性をめぐる人物史 上
【シリーズ名】
シュプリンガー数学クラブ  ≪再検索≫
【著者名等】
F.ディアク/著  ≪再検索≫
【著者名等】
P.ホームズ/著  ≪再検索≫
【著者名等】
吉田春夫/訳  ≪再検索≫
【出版】
シュプリンガー・フェアラーク東京 2004.9
【大きさ等】
19cm 206p
【NDC分類】
441.1
【件名】
天体力学−歴史  ≪再検索≫
【件名】
数学者  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0204066582
【著者等紹介】
【ディアク】1959年ルーマニア・シビウ生まれ。ブカレスト大学で学ぶ。91年よりヴィクトリア大学で教鞭をとり、2000年より同大学教授。主要な研究分野は天体力学、力学系理論、カオス理論、数理物理学など。
【著者等紹介】
【ホームズ】1945年英国リンカーンシャー生まれ。オックスフォード大学とサウザンプトン大学で学ぶ。77〜94年コーネル大学で教鞭をとり、94年よりプリンストン大学教授。主要な研究分野は非線形力学系理論、微分方程式論など。
【注記】
文献あり 索引あり Celestial encounters./の翻訳
【要旨】
天体力学とは、太陽系内の惑星の運動に代表される、ニュートンの万有引力を及ぼし合う物体の運動を論じる学問である。なかでも太陽系の安定性の問題には、数多くの数学者がエネルギーを費やしてきた。フランスのポアンカレ、ロシアのコルモゴロフ、アーノルド、米国のバーコフ、スメールなど、煌星のごとくである。本書は、カオスや安定性の概念が天体力学の問題からいかに発生したかを、生身の人間の営みを通して生き生きと描いた大河ドラマである。
【目次】
第1章 偉大な発見―そして過ち(パリの散策;ニュートンの洞察;自然の法則を記述する言語 ほか);第2章 記号力学(不動点で始まる経歴;リオの浜辺にて;スメールの馬蹄 ほか);第3章 衝突とそれ以外の特異点(特異な人;衝突か爆発か;コンピュータ・ゲーム ほか)
【ISBN】
4-431-71114-7

Holding information 1records
1record-1record
2032689070
中央
441.1 / 

書架
4階(自然科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP