Material information
【タイトル】
若山牧水歌集
【シリーズ名】
岩波文庫  ≪再検索≫
【著者名等】
若山牧水/〔著〕  ≪再検索≫
【著者名等】
伊藤一彦/編  ≪再検索≫
【出版】
岩波書店 2004.12
【大きさ等】
15cm 361p
【NDC分類】
911.168
【書誌番号】
3-0204094273
【注記】
年譜あり 索引あり
【要旨】
「幾山河越えさり行かば」「白鳥は哀しからずや」若山牧水(1885‐1928)は23歳で、今日でも多くの人々に愛誦される名歌を詠んだ。以後20年、旅の歌人牧水は、平易で親しみやすい、しかも人間と人生の根幹にふれて共感を呼ぶ、数かずの秀歌をのこした。彼の全短歌の中から新たに約1700首を選んだ新編集版。
【目次】
海の声;独り歌へる;別離;路上;死か芸術か;みなかみ;秋風の歌;砂丘;朝の歌;白梅集;さびしき樹木;渓谷集;くろ土;山桜の歌;黒松
【ISBN】
4-00-310521-4

Holding information 12records
1record-5record
2033362105
中央
911.1 /ワ 

書架
1階(ポピュラー)文庫本

2033334721
鶴見
911.1 / 

書架
公開文庫本

2019743856

911.1 / 

書架
公開文庫本

2033316650
保土谷
911.1 / 

書架
公開文庫本

2033809185
金沢
911.1 / 

書架
公開文庫本

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP